ポイントは4つの値引き項目

新車を購入するには多くのお金が必要となりますから、いかに値引きを引き出すことができるかということが勝負になります。
まず、もっとも基本となる項目が車両本体価格であり、最も金額が大きな部分でもあるため値引き額も期待することができます。
一般的に車種の人気によっても異なってきますが、10パーセント前後の値引きを期待することができる部分となっています。

次に付属品の値引きですが、これも大きな値引きを引き出すことが出来るポイントで、また値引きを引き出せなかった時には付属品を取り付けてもらうことで値引きの代わりとしてもらうことができる部分でもあります。

諸費用も新車を安く購入するときに重要なポイントで、自ら車庫証明を取得する場合車庫証明取得代行手数料をカットすることが出来、納車費用も直接店舗にまで車を引き取りに行けばカットをすることができるポイントとなるので、カットできる部分はカットしてもらうことで値引きの代わりとすることができるのです。

値引きが限界に達した時には値引きの分を下取り車の査定に回してもらうという方法もあり、特に買取専門店に出しても値段がつかないような車ほど実質値引きをしてもらうのと同等になるため、値引きが限界だと思ったときには下取り査定で対応をしてもらうとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。